泥のにおいもわからない

へっぽこ貧乏女子が侘しい日常やうだうだと考えていることを淡々と吐き出します。

展覧会『TRANCE POP CIDER』に行ってきた

京都の出町柳にあるトランスポップギャラリーで本日より開催中の展覧会『TRANCE POP CIDER』に遊びに行ってきました。


えすとえむ、竹内佐千子、やまだないとが京都で合同展覧会、同人誌や原画販売 - コミックナタリー

 

漫画家のえすとえむ竹内佐千子やまだないとによる創作グループ「TRANCE CIDER」の展覧会です。画廊の名もトランスポップという”TRANCE”繋がりで、どういう経緯で展覧会開くことになったのか気になります(笑)。

地元京都で好きな漫画家さんの展覧会が開かれることってなかなか無いのでウキウキしながら行ってウキウキしながらたっぷり眺めてウキウキしながらリトルプレス買って3月21日のトークイベントも申し込んできました。

感想を書きたいところですが文章に書き起こせるようなことが思い浮かばないや……「ああ、とらんすだなぁ」という感じです(なにそれ……)

やまだないと氏といえば90年代~00年代のいわゆるヤングレディースコミック界の先頭に立っていたイメージですが、えすとえむ氏と竹内佐千子氏もデビュー年や元の畑は違えど確実にその時代のヤングレディースコミックの流れを汲んでいると思うので、この3人の組み合わせはすごくしっくり来る。逆に、各人の根っこに同じ系統を感じるからこそ、個性の違いが良いスパイスとなってギャラリー全体の空間を上手く引き締めてるな、という印象でした。

まだ初日ということで搬入されてない作品もあったみたいなので、トークイベントの日に再び訪れるのが楽しみです。

 

西荻夫婦 (フィールコミックスGOLD)

西荻夫婦 (フィールコミックスGOLD)

 

 

その男、甘党につき

その男、甘党につき