泥のにおいもわからない

へっぽこ貧乏女子が侘しい日常やうだうだと考えていることを淡々と吐き出します。

ひとりぐらしをはじめてみて

またまた久しぶりすぎる投稿。半年ぶりにブログ再会してみるかぁと編集場面を開いたら、仕様がめちゃくちゃ変わってる! でも前より使いやすくなったかなとう印象です。今はPCで記事書いてますがさっきスマホの編集画面開いてみたらそちらも少し良くなっているような気が(半年前は記事のスクロールもまともに出来なかったよね!)

 

いつの間にか2015年が去り2016年が襲来していましたね。

半年前最後に上げた記事は半ニート生活から脱却して社会復帰でヒーヒー言ってました。

そして今、私は一人暮らしを始めてヒーヒー言ってます。

 

何回か転職を繰り返し、それまでのブラック企業&低賃金から脱出して、ようやく慎ましくすれば自活できる程度の月給が得られる仕事に就き、それからは不動産情報サイトを毎日のように漁っていました。

とはいえ貯金もあまりなく、更に今まで約30年(…)実家でぬくぬくと甘えてきただけに、家事や生活費の算段も想像すらつかずなかなか踏み切れずにいましたが……

季節が夏から秋に変わるころのとある週末、急に「今だ!!」と思いついた私は何かに憑りつかれたかのようにゆらりと不動産屋に赴き、すぐに物件見学、そして入店3時間後には契約書に判を押していました。

普段はかーーなーーーりーーーの優柔不断でコンビニでお菓子を買うのにも10分以上費やすおバカな脳味噌ですが、なぜか数年に1度くらいのサイクルでこのような大きな決断をスルッと決めてサッサと実行する時が訪れます。

でもこんな時の決断で失敗したと後悔することはまず無いので、不思議。

 

いえね、本当に。

 

床に堆積するごみとか、溜まった洗濯物とか、何故か日を追うごとにおざなりになって低下していく自炊スキルとか、一向に増える気配の無い預金通帳の数字を見るたび増していく老後の不安とか。

化粧も風呂もどんどん時短&手抜き力が増し、それに反比例してグイグイ下がっていく女子力とか……否それは最初から持ち合わせていませんでしたこれについては特に失うものは無い。

 

とにかく何もかもが面倒くさくてやさぐれ気味の日々ですが、ぜーんぜん後悔してないから……本当だから……

 

ーーでも真面目な話、一人暮らしを始めてから将来の生活について恐ろしいほど実感を伴って考えられるようになりました。実家に居た頃はほとんど何も考えず漠然と貯金していましたが、最近は老後資金の貯め方について現実的に考えて計画を立て始めています。

そしてもうひとつ気づいたこと。10代20代前半の若い頃は「1人暮らし」という言葉そのものに夢を感じて、実際わくわくしながら実家を出る人が多いと思うのですが、もう30手前になって実家を出ることになってもキラキラとした明日への希望はそんなに感じられませんのね……やっとパラサイトという汚名を返上したというほんの少しの安堵と、あとはもう目の前に「生活」「老後」「人生」といった言葉はどんどん積まれていくのをだたひたすら、粛々と捌いていくのです!!

 

 

「ひとり力」を鍛える暮らし方

「ひとり力」を鍛える暮らし方